中学生が0からはじめてみるブログ

中1が有益情報を発信

「中学生でビジネスは無理」これについて語ります

f:id:iuto_025:20210404142822p:plain

アイキャッチ画像

どうも、”いうと”です!

株式投資で稼いでいる”りゅうと”さんのツイートに「中学生でビジネスは無理」というリプがついていました。

それに対して「理由はなんですか?」と返信するという、謎の団結意識が芽生えました。

 

 

 

さて、この記事では「中学生でビジネスは無理」ということに語ろうかなと。

実際に中学生でビジネスをやっている私からの意見なので、参考にして頂ければ幸いです。

 

無理ではないけどハードルは高いよね

結論から言うと、絶対に無理というわけではありません。

しかし、無理に近いのは事実です。

 

中学生がビジネスをやると、このような壁が現れます。

・周りからの理解

・ビジネスをするための環境

・結果が思うように出ない

 

周りからの理解

まず大きいのが周りからの理解。

親や先生から「学生で稼ぐなんて無謀だよ。」などと言われてしまうというわけですね。

 

学生にとって親の権力は強いので、ビジネスをするために必要なスマホやパソコンを没収されると、もう無理。

実際にこの”周りからの理解”という壁によって、挫折してしまった学生も見てきました。

 

↓ 詳しくはこちらから

iuto-blog.com

 

ビジネスをするための環境

ビジネスを始めるためのネット環境や端末がないという環境。

ビジネスをするにはパソコン(スマホでも出来なくはない)が必要なので、それがないと挫折してしまいますね。

 

「今どきモバイル端末は持っていて当たり前!」と思っている方も多いですが、それは違います。

親の携帯はガラケー、インターネット回線は引かれていないという友人もいました。

全員がビジネスをするための環境があるわけではないんですよね。

 

そのため図書館などにあるビジネス書を読んで、いくら「ビジネスしたい!」という思いがあっても、行動できないわけです。

いくら「行動力が大事!」と言っても、どうしようもないこともありますよね。

 

結果が思うように出ない

私が1番多いと感じているのが、結果が思うように出ないという壁。

親への理解、環境はあって初めてみるものの、結果が思うように出ないんですよね。

 

正直、中学生がビジネスで結果を出すって大変です。

部活をやっていれば放課後も時間を取られることもある、塾に行かなければいけないこともある、テスト勉強をしなければいけない、そもそも毎日学校に行くのが大変。

 

というような感じで、部活や塾があるとビジネスをする余裕なんてないんですよね。

そんな時間もなければ、やっぱり結果は出ません。

休日に集中してやるという方法もありますが、休日は休みたくなるし、継続しづらい。

 

部活も塾もテスト勉強も全部放棄、という方法もあるけれど、そこまで踏み切れない人が多い。

学校も辞めてしまう、という方法もあるけれど、ハードルが高すぎる。

 

まとめ丨無理じゃないけど難しい

このような理由で「中学生でビジネスは無理」と言えるのではないかと考察しました。

実際に継続できて実績もある方もいるので、無理ではありません。

しかし簡単なことではなく、難しいことは確か。

 

色々な意味で、これからの稼ぐ中学生たちが楽しみですね。

自分の将来も、わりと楽しみだったりします。