中学生が0からはじめてみるブログ

中1が有益情報を発信

中学1年生を振り返る、だけ。

f:id:iuto_025:20210324130822p:plain

アイキャッチ画像

どうも、”いうと”です!

この記事を書いている今日は修了式で、形としては中学1年生が終了しました。

法律上では年度末まで中学1年生なので、一応中学1年生ですが。

 

ということで、この記事では中学1年生を振り返ってみようかな、と。

ビジネスに関する話は少なめで、学校の話を、個人が特定されない程度に書いていこうかなと思います。

 

 

式自体はたった15分、入学式

ということで、まずは入学式から。

入学式をやったはいいものの、学校に行けないというい日々が続いたんですよね。

 

慣れない制服を着て、学校へ。

同じクラスに仲が良い子が居て、かなり嬉しかったという記憶があります。

式自体は短く、15分くらい。

 

ストロボ撮影という意味がわからず、思わず友達に質問しちゃいました笑

意味はもう忘れました、はい。

 

そして教室へ行き、教科書を貰ったり説明を聞いたりしましたね。

クラスの半数以上が知らない子だったので、話しかけようか迷っていました。

結局は話しかけずに、同じ小学校の子とひたすら喋っていましたが。

 

ちなみに、作文と自己紹介カードの課題がありました。

速攻、終わらせられるくらいの内容でしたね。

 

教科書がとにかく重かったという記憶があります。

肩にかけるのが、精一杯というくらいですね。

 

最後に写真を撮って、終了。

ものすごく短い時間だったのに、今でもこれだけのことを覚えています。

さすが、入学式。

 

課題を貰うためだけに、学校へ

5月末に休校が終わるまでの間、課題を貰うためだけに学校に行きました。

わざわざ制服を着て、行かなければ行けないので、かなり面倒だった記憶があります。

 

休校期間は割と快適でした。

ひたすら絵を描いて、You Tube見てという生活を繰り返していただけですから。

 

学校再開するも、不思議な感じ

6月に遂に学校が再開。

6月なのに4月気分で変な感じがしました。

 

部活選択や委員会などありましたが、部活も委員会もやらず。

今となってはその選択は合っていたように思えます。

部活も委員会も面倒なだけですからね、多分。

 

少しずつ他校の友人も増えてきて、と。

まあクラスメイト全員の名前を覚えたのは、2学期の半ばあたりなんですが。

 

夏休みは、やっぱり短縮

夏休みはやっぱり短縮されました。

始まりは同じくらいなのですが、終わりは8月の半ばということで、2週間位短縮されましたね。

 

8月の学校はとても暑く、とにかく暑かった気がします。

エアコンが壊れていましたからね。

 

夏の勉強会とかいうものがあり、ノリで参加。

「涼しい環境で〜」とパンフレットに書いてあったので、期待していたのですが。

エアコンが効かないので暑くて、勉強どころではありませんでした。

勉強せずに、扇風機の観察をしていました。

 

長袖で暑かった、校外学習

夏休み明けには、校外学習へ。

アスレチックやらカレー作りとかをしました。

 

カレー作りは長袖じゃなきゃいけないらしく、面倒なので、ずっと長袖で。

思いの外暑くて、後悔した気がします。

 

ずっと友人と喋っていました。

正直、あんまり楽しくなかったのは、秘密で。

 

行事がなくなり、代わりのものへ

今年は、学校全体の行事がなくなりました。

その代わりとして、学年での合唱コンクールや体育祭が行われました。

クラス対抗で、私のクラスは割と良い成績だった気がします。

 

こんなことやるくらいなら早く帰りたい、と思っていたんですが。

行事は自由参加でいいじゃないか、と思っている今日この頃。

 

まとめ丨終わった、遂に。

1年間が早かったとよく言いますが、私としてはとても遅かった気がします。

体感ではあと半年くらいで、卒業できるはずなんですがね。

 

まだ中学校生活も3分の1残っているので、中学生ブランドを活用していきたいですね。

中学生ブランドは強いですよ、やっぱり。

 

新学期からはN中メインになるので、少し寂しい気もしますが、楽しみな気持ちのほうが大きいですね。

2年生もエンジョイしたい、リアルも仕事も。