中学生が0からはじめてみるブログ

中1が有益情報を発信

学校教育アンチが、学校教育を肯定してみます。

f:id:iuto_025:20210319161542p:plain

アイキャッチ画像

どうも、”いうと”です!

普段は学校教育を批判しまくっていますが、たまには学校教育を褒めていこうかと思います。

確かに悪いことばかりじゃ、ありませんからね。

 

ということで、学校教育に対する批判は一切なしで。

褒めて、褒めて、とにかく学校教育を肯定します。

それではいきましょう。

 

 

 友達ができる

学校に行くことによって、友だちができます。

私自身も学校に行ったことによって、仲の良い友達が沢山できましたからね。

小学校低学年の頃から、ずっと仲の良い友達もいます。

 

同じクラスで1年を過ごすのだから、自分から動けば、必ずと言っていいほど友達が出来ます。

その友達とワイワイ過ごせるので、日常生活が楽しくなっていくでしょう。

 

イベントが盛りだくさん

体育祭に合唱コンクール、修学旅行。

と、学校ではイベントが盛り沢山です。

 

このイベントを心待ちにしている方も多いのが現状です。

やっぱり、クラスで盛り上がるのって楽しいですよね。

(イベント嫌いなんて、言えない。)

 

授業を受けられる

これが1番、メインですよね。

結構、これで時間を取っていますから。

 

授業を受けることによって、数学や国語、さらには体育や家庭科までを学べます。

こんな素晴らしい授業を週に5日も受けられるなんて、凄いですね。

 

テストで自分のレベルを把握できる

期末テストや小テストなどと、学校に行けば様々なテストを受けることが出来ます。

私の学校の場合は、期末テストなどは順位や平均点などもでます。

自分のレベルがどの位なのかを知れるので、嬉しいですね。

 

期末テストなどの大きなテストは、1学期に2回ほどと頻度も結構高めです。

そのため、より詳しく自分のレベルを把握できますよね。

 

まとめ│学校教育をただ褒めた、だけ。

学校教育の粗探しをしている私が、学校教育をひたすら褒めて肯定しました。

たまには良いですよね、たまには。

 

こうやって見ると、素晴らしい教育方針に見えますね。

こうやって見ると。

 

また粗探ししようか、と思います。