中学生が0からはじめてみるブログ

中1が有益情報を発信

【学生必見】お小遣いを貰うには?

f:id:iuto_025:20210311073142p:plain

アイキャッチ画像

どうも、”いうと”です!

最近、”稼いでいるのにお金がない”という謎の現象が起きています。

 

学生なら”お小遣いが足りない。”と思ったことがあるでしょう。

この記事では、お小遣いを貰うための方法をまとめたので、お小遣いが足りない学生は参考にしてくださいね。

 

 

 シンプルに交渉

まずはシンプルに交渉。

とはいっても、「お小遣いください」だけでは貰える可能性は低いでしょう。

 

そのため、理由と金額を言うようにするのがベストです。

「〇〇を買いたいから、〇〇円ください。」

 

まずは理由と金額を言って、シンプルに交渉してみましょう。

 

来月のお小遣いから天引き

「今月欲しいゲームがあるけど、来月にならないと買えない。」というような経験はありませんか?

そんな時には、来月のお小遣いから前借りしましょう。

 

「来月のお小遣いを今ちょうだい。」と理由も含めて話します。

「欲しいゲームを買いたいから、来月のお小遣いを今ちょうだい。」というわけですね。

 

来月のお小遣いを今貰う・理由を言いましょう。

 

親戚の家に遊びに行く

おばあちゃんの家に行ったら、お小遣いを貰ったという経験はありませんか?

 

それを応用して、親戚の家に遊びに行きましょう。

そうすることによって、お小遣いを貰えることもあります。

 

簡単に行ける距離・普段からお金をくれるの2つの条件を満たす必要がありますが。

この2つの条件を満たしていれば、ぜひ試してみてくださいね。

 

プレゼントの前借り

お小遣いが足りなければ、誕生日やクリスマスプレゼントを前借りするという手もあります。

 

「欲しいゲームがあるから、誕生日プレゼントを前借りさせてください。」と言いましょう。

 

誕生日やクリスマスが近くないと難しいですが、一度やってみてくださいね。

家庭によるかと思いますが、5000円くらいは貰えるかと思います。

 

家事を手伝う

皿洗いや洗濯などの家事を手伝いましょう。

「皿洗うから〇〇円ちょうだい。」と言うわけですね。

 

しかし、この方法はあまりオススメできません。

「家事を手伝うなんて、当たり前でしょう?」と言われてしまう可能性があるからです。

 

そのため、何も言わず家事を手伝い、それから交渉しましょう。

一週間家事を手伝って「欲しいゲームがあるから…」と交渉するわけですね。

こちらの方法のほうが、成功する可能性があるので一度やってみる価値はあるでしょう。

 

成績で交渉する

テストや通知表などを利用して、交渉しましょう。

 

「今度のテストで〇〇位以内、〇〇点以上とったら…」

「通知表で5があったら…」

このように成績で交渉しましょう。

 

勉強する必要がありますが、かなり有効な方法かと思います。

「勉強するのは当たり前」と言われたら、反論する余地もありませんが。

 

自分で稼ぐ

最終手段、自分で稼ぐ。

もう親からお小遣いを貰えそうにないなら、自分で稼ぎましょう。

家計が苦しくて、あげたくてもあげられないという場合もありますからね。

 

高校生以上であればバイトが出来ますが、中学生などはバイトが出来ません。

そのため「中学生=稼げない」といった、固定概念を持っている方がとても多いです。

 

しかし、中学生でも稼げるのが現状です。

WEBライティングという、文章を代わりに書くという仕事をしましょう。

私はその方法で、月収3万円を達成しました。

 

↓ この記事では割愛するので、詳しくはこちらから

iuto-blog.com

iuto-blog.com

 

まとめ│方法は沢山。だめなら自分で稼ぐ。

お小遣いを前借り、手伝うなどと方法は沢山あります。

その方法を活用してお小遣いをゲットするのが1番ですが、そうもいかないときもあるでしょう。

 

そんな時は自分で稼ぎましょう、以上。