中学生が0からはじめてみるブログ

中1が有益情報を発信

中学1年でビジネス、全然早くなかった件について。

f:id:iuto_025:20210218064328p:plain

アイキャッチ画像


どうも、”いうと”です!

「中学1年生でビジネスって早い、凄い。」

と言われることも嬉しいことに度々あります。

 

(あ、自分でもそう思っているなんて口が裂けても言えませんが。)

 

と、優越感に浸っていたのですが事件が起きました。

それが、この方を初めて知った時です。

 

twitter.com

 

小学4年生のライターって恐ろしいですよね。

ということで、この記事では以下の内容でお送り致します。

 

・”はる”さんとは何者?

・年齢が若いうちにビジネスをはじめると有利なの?

 

 

 小学4年生ライター”はる”とは?

ツイッターのプロフ文から簡単に経歴をまとめます。)

 

・WEBライターをはじめるが、結果が出ずに1ヶ月で挫折。

ツイッターを始め、影響を受け復帰し、初収益達成。

・WEBライティングだけではなく、プログラミングやブログなども開始。

 

小学4年生にして、この経歴って恐ろしい。

私が同じくらいの年齢のときは、ゲームとYouTubeのことしか頭にありませんでした笑

 

そして、意識も高いんですよね。

目標収益4000円、恐ろしいですよね。

 

↓ 詳しくはこちらから

linktr.ee

 

若いうちからビジネスをはじめると有利なの?

「どうして、若いうちからビジネスをはじめるの?」

「学生は仕事しなくて良いんじゃない?」

と思う方もいるでしょう。

 

結論から言うと、若いうちからビジネスをはじめるとかなり有利です。

それでは、どんなメリットがあるのか紹介していきます。

 

”若い”というブランドが付く

”小・中学生がビジネスをやっている”と聞くと、何だか凄そうだと思いませんか?

このように、子どもが大人と同じようなことをしていると”凄い”と思うわけです。

 

私もツイッター上で、「中学生でビジネスって凄い!しかも収益も!」と大人から褒められることも度々あります。

大人が同じようなことをしていても、ファン(フォロワー)は集まらないでしょう。

 

学生でビジネスをはじめることによって、ファンが集まっていくわけです。

ファンが集まると、そこから電子書籍のオファーなどの仕事が来るなどと有利になります。

 

失敗してもなんとかなる

 

私は、受験勉強を頑張って良い高校・大学に入り、大企業に入るという生活をするつもりはありません。

 

「でも、失敗したら取り返しがつかないんじゃないの?」

と思われる方もいるでしょう。

 

そんなことはありません。

私は、N中等部からN高校に通おうと思っています。

高校生の時点で”ビジネスは厳しい”と感じれば、大学受験をすることもできるでしょう。

 

このように、学生からビジネスをはじめれば失敗しても何とかなります。

 

まとめ

「中学1年生でビジネスって早い、凄い。」

自分でも思っていましたが小学4年生で始めている方もいるなんて驚きますよね。

 

上を見るとキリがないと思うので、ひたむきに作業するしかないですよね。

 

↓ 今回紹介した”はる”さんのリンクを貼っておきます。

linktr.ee