中学生が0からはじめてみるブログ

中1が有益情報を発信

月収30万円という山の頂上に立ちたい。

f:id:iuto_025:20210214081642p:plain

アイキャッチ画像


どうも、”いうと”です!

私には中学卒業までに叶えたい目標があります。

 

それは、月収30万円を突破することです。

 

この記事では、”中学卒業までに叶えたい目標の月収30万円”について熱く語ります。

 

 

 なぜ月収30万円を掲げているの?

「どうして月収30万円を掲げているの?」

と疑問に思われた方も多いでしょう。

 

その理由は1つだけ。

将来、”中学生で月収30万円でした!”と言えるから。

 

月収30万円を稼いでいる割合は、人口の3分の1です。

これだけ稼いでいれば、家族を養うことだってできるでしょう。

 

そんな大金を”中学生のうちから稼いでいた”という実績を作るために、月収30万円という目標を掲げました。

 

月収30万円を達成するためにはどうするの?

「どうやって月収30万円を達成するの?」

と疑問に思われた方も多いでしょう。

 

 いきなり、月収30万円を狙いに行くのは難しいでしょう。

・月収5万円

・月収10万円

・月収15万円

・月収30万円

このように、段階を踏んで月収30万円を狙いに行きます。

 

それでは、それぞれの段階ごとに解説していきます。

 

月収5万円

直近の目標でもある、月収5万円達成。

 

文字単価が0.5円の場合は、10万文字(1日/4000文字ほど)

文字単価が1円の場合は、5万文字(1日/2000文字ほど)

 

文字単価0.5円でも十分達成できるはずです。

仕事量は確保できそうなので、あとは時間だけ。

 

N中等部に通うと時間にゆとりができるでしょう。

そのため、N中等部に通う月である4月に達成できればな~と考えています。

 

↓ N中等部ってなに?という方はこちらから

iuto-blog.com

 

月収10万円

月収10万円達成。

これがビジネスを始めた当初の中学卒業までの目標でした。

 

しかし、この”当初の中学卒業までの目標”を中学2年生の夏頃までに達成しようと考えています。

 

「月収10万円なんて中学生には稼げない。」

と思っている方も多いでしょう。

 

文字単価が0.5円の場合は、20万文字(1日/7000文字ほど)

文字単価が1円の場合は、10万文字(1日/4000文字ほど)

 

文字単価0.5円の仕事だけでは、1日7000文字ほどとギリギリ目標達成できるレベルです。

文字単価1円の仕事だけでは、1日4000文字ほどと目標達成できます。

 

しかし、文字単価1円の仕事をゲットできるかは分かりません。

そのため、文字単価が0.5円と1円の仕事の両方があれば達成できるでしょう。

 

月収15万円

月収15万円達成。

いやあ、ここまで来ると会社員の手取りレベルになりますね。

 

この会社員の手取りレベルに、中学2年生までに到達しようと考えています。

 

文字単価が0.5円の場合は、30万文字(1日/1万文字ほど)

文字単価が1円の場合は、15万文字(1日/5000文字ほど)

 

文字単価が1円であれば十分達成できるでしょう。

文字単価と仕事量があれば。(それが難しい)

 

月収30万円

月収30万円達成。

ここまでくると、家族を養えてしまいますよね。

 

この月収30万円という山の頂上に、中学卒業までに到達しようと考えています。

 

文字単価が0.5円の場合は、60万文字(1日/2万文字ほど)

文字単価が1円の場合は、30万文字(1日/1万文字ほど)

文字単価が2円の場合は、15万文字(1日/5000文字ほど)

 

文字単価が2円であれば十分達成できるでしょう。

(プログラミングでも稼ごうとしているのは別記事で。)

 

まとめ

いかがでしょうか。

ここでご紹介したのはライティングでの稼ぎ方です。

 

他のジャンルでも稼ごうと考えているので、それについては別記事でご紹介します。