中学生が0からはじめてみるブログ

中1が有益情報を発信

中学生ブロガー「いうと」とは?

このページを閲覧していただき、ありがとうございます。

中学生ブロガーの「いうと」と申します。

 

このページでは、

私「いうと」についてこのブログについてご紹介させていただきます。

 

 

 

 

そもそも「いうと」って誰?

「そもそも、いうとって誰?」とほぼ全員が疑問に思うと思います。

 

私の知り合いでなければ、

私「いうと」のことを知らないと思うので疑問に思うのが当たり前ですね。

 

なので私のことを皆さんに知って頂こうと思い、

この記事では私の自己紹介をしていこうと思います。

 

 

2020/10現在 中1ブロガー

ブログ収益化を目指して、ブログ運営に力を入れております。

 

このブログの他にも、

「むずかしいことをシンプルに」

iuto-simple.com


「いうとの文具ログ」

iuto-bungu.net

の計三つのブログを現在運営しております。

 

他にどんな活動をしているの?

ツイッターやインスタ、noteなどもやっております。

 

興味があれば、そちらも見ていただければ幸いです。

 

↓ ツイッター

twitter.com

 

↓ インスタ

https://www.instagram.com/iuto_025/

 

↓ note

note.com

 

 

このブログについて

2020/9  ツイッターとブログをはじめる

2020/10 ブログをはてなProへ変更

 

このブログは、様々なカテゴリーについて書く「雑記ブログ」です。

学生目線で書いている記事も多くあります。


他のブログと差をつけるために、

情報とプラスして私自身の意見を記事入れることを意識しております。

 

 

どんな記事を書いているの?

「どんな分野の記事を書いているの?」と思われる方もいると思います。

 

なので、どのような記事を書いているのか説明していきたいと思います。

 

教育について

学生目線で、現在の教育と今後の教育のあり方についての記事を発信しております。

 

↓ 個人的に気に入っている教育に関する記事はこちらです

 

iuto.hatenablog.com

 

 

 

中学生が考えてみたことについて

私の主観がメインの記事も発信しております。

 

↓ 個人的に気に入っている記事はこちらです

 

iuto.hatenablog.com

 

 

アニメ・漫画について

私が好きなアニメ・漫画について発信しております。

 

↓ 私が気に入っているアニメ・漫画に関する記事はこちらです。

 

iuto.hatenablog.com

 

 

 なんでブログ始めたの?

「なんでブログを始めようと思ったの?」と思われる方もいると思います。

 

なので私がブログをはじめた動機を解説していきたいと思います。

 

私がブログを始めた理由は下記の通りです。

 

 ・より多くの方に私自身の意見を発信するため

 ・「中学生からブログを運営」という実績をつくるため

 ・ネットビジネスで収入を得るため

 

「ネットビジネスに参入するなら早い方が良い」

と思いブログを運営はじめてみようと決意しました。

 

 

ブログはいつまで続けるの?

「ブログはいつまで続けるの?」と思われる方もいると思います。

 

ブログタイトルが、

「中学生が0からはじめてみるブログ」なので卒業後この名前は使えなくなります。

 

ですが、このブログの運営はできるだけ長く続けていたいと思っております。

中学在学中はもちろん、成人してからもこのブログを運営したいと思っております。

 

なので、気に入った名前が見つかり次第ブログ名を変更する予定です。

ワードプレスに移行する際に、ブログ名を変更するかもしれません。

 

現在のブログ名候補は、「いうとログ」です。

 

 

将来は何になりたいの?

「将来は何になりたいの?」と思われる方もいると思います。

 

もちろん、未来のことは誰にもわからないので正確なことは言えません。

ですが、今描いている目標についてご紹介させていただきます。

 

中学卒業:ブログだけで月収1万円達成

高校卒業:ネットビジネスだけで月収10万円達成

 

将来的には、

ネットビジネスで生活したり文房具に関する仕事に就きたいと思っています。

 

 

↓ 13歳が将来について考えてみた記事はこちら

 

iuto.hatenablog.com

 

 

お知らせ

 ↓ 2020年11月1日現在のお知らせです。 

iuto-blog.com

 

 

 

このページを最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

よろしければ、記事も読んでいただければ幸いです。