【N中等部イベント】「LGBTQ+の居場所づくりイベントスタッフの話を聞いてみよう」に参加してみた話

N中等部

どうも、”いうと”です!

N中等部(N高・S高)のイベントである「LGBTQ+の居場所づくりイベントスタッフの話を聞いてみよう」に参加してきました〜

「LGBTQ+の居場所づくりイベントスタッフの話を聞いてみよう」とは、名前の通り、LGBTQ+のための居場所をつくっているスタッフの話を聞くイベントです。

ゲスト講師と会話できる方は抽選で10名。

それ以外の方はzoomウェビナーで質問等を送ることができます。

いうと
いうと

私は視聴のみのものに応募しました!

参加者は、およそ70人だそうです。

LGBTQとは?

LGBTQとは下記の意味があります。

Lesbian(レズビアン):女性同性愛者

Gay(ゲイ):男性同性愛者

Bisexual(バイセクシャル):両性愛者

Transgender(トランスジェンダー):出生時の戸籍の性別とは異なる性別を自認する人

どうやらセクシュアリティは他にもあるようで、LGBTQやLGBT+などはLGBT以外のセクシュアリティを表すためにあるそうです。

参加しようと思った理由

いうと
いうと

ここでは参加しようと思った理由をご紹介します!

以前のイベントが面白かった

以前もLGBTQのイベントがあり、そのイベントが面白く、非常にタメになったと感じています。

いうと
いうと

以前のイベントが良かったので、同じようなテーマの今回のイベントも参加してみることにしました!

何かを学びたかった

N中等部(N高・S高)には、他にも自由参加のイベントが沢山あります。

私はその機会を利用して、日程が合えばほとんどのイベントに応募しています。

いうと
いうと

挑戦するためにN中等部に来たから、色々なことを学んでみたい!

参加して分かったこと

参加して分かったことは以下の2つ。

居場所をつくろうと思ったきっかけは様々

なぜか居場所をつくろうと思うきっかけは一緒だと思いこんでいたのですが、居場所がないからつくった、参加者として参加するうちにつくりたくなったなどと、きっかけは様々なようです。

いうと
いうと

なぜこれに気がつけなかったのか分かりませんが、一応挙げておきます…

まだまだ知識が足りない

このイベントに参加するまでは、多くのLGBTQグループや団体があることを全く知らなかったので、自分自身の知識不足を実感。

また、LGBTQグループや団体も当事者のみ・未成年のみ・雑談メインなどと役割が違うようで、他グループや団体と被らないように差別化を測っているのだな…と思いました。

いうと
いうと

またこのような学べる機会があるのであれば、是非参加したいと感じます!

まとめ│是非ラジオを聞く感覚でご参加を

以上、「LGBTQ+の居場所づくりイベントスタッフの話を聞いてみよう」に参加した理由、感想をご紹介しました。

70人参加というのは多い数のように思えますが、N・S高生はおよそ2万人、N中等部生はおよそ1000人いるので、そう考えるとごくわずか。

いうと
いうと

こういった聞くイベントでは何か話してと言われることもありませんし、N高・S高・N中等部生はラジオを聞く感覚で一度参加してみることをおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました