【N中等部生が語る】N高・S高に行くか迷うなら辞めたほうが無難です

N中等部

どうも、”いうと”です!

最近、Twitterで「N高・S高に行くか全日に行くか迷っています。」のような進路に迷う中学生を見かけることもあります。

N中等部生でN高・S高へ進学しようと考えている私から、そんな中学生に向けてこの記事を書こうかなと、説得力はないかもしれませんが。

それではいきましょう!

【結論】迷うならまずは全日に行きましょう

タイトルにもあるように、迷うならまずは全日に行きましょう。

「絶対にN高・S高に行く!」と思っていれば、全日に行くかなんて迷いませんよね。

少しでも全日に行きたいという気持ちがあるからこそ、N高・S高か全日に行くかで迷っているわけです。

N高・S高は編入OK

ご存知の通り、全日制に行くには中学時代に勉強し、入試を受け、高校に合格する必要があります。

それに対してN高・S高は、ネットコースは書類審査のみ、通学コースは書類審査・作文・面接で合否を決めます。

編入も可能なので、1年からではなく、3年生からでもN高・S高生になれるのです。

(他コースの合否の決め方は詳しくないので、割愛しました。)

全日に編入するのは100%無理ということではありませんが、N高・S高から全日に行くのはかなり難しいでしょう。

N高・S高に入学したら、いわゆる普通の高校に行けないと思ったほうが無難です。

それならまずは全日制に行こうよって話

N高・S高にしようか、全日制にしようかと迷っているなら、まずは全日制にしましょう。

先ほどもご紹介したように、全日制からN高・S高に編入はできても、反対のN高・S高から全日制への編入は不可能に近いからです。

全日制が受かるかどうか不安だからN高・S高にしようと考えているなら、N高・S高は他高校と併願が可能なので、併願して受ければ良いでしょう。

受験に100%はないと思うので、まずは挑戦してみるべきだと思います。

プログラミング等をやりたくてN高・S高に行こうと考えているけど全日制と悩んでいるなら、まずはプログラミングをやってみてN高・S高を検討すれば良いでしょう。

ネット上には分かりやすい情報が沢山あるので、まずは独学でもOK。

よりプログラミングの時間が欲しいなどと感じれば、編入すればよいのです。

(N高・S高だからといって特別プログラミングを詳しく教えてもらえるわけでもありませんからね、通学プログラミングコース以外。)

まとめ丨覚悟は必須条件

N高・S高に行くというのは、いわゆる普通の選択ではありません。

N高・S高はたしかにカリキュラムも魅力的で良い高校だと私は思いますが、世間で言う青春などはもう楽しめません。

N高・S高に在籍すれば校則という校則もないのでとても自由ですが、自由には責任が伴います、自己責任というわけです。

そういった普通の道から逃れるからこそ、覚悟が大切だと思うのです。

「N高・S高に行って絶対に後悔しない。」というような覚悟があれば良いと思います、自己責任なので。

しかし迷っているくらいなら、まずは全日制にすることをおすすめします。

全日制からの編入は親の許可などがあればできるので、自分に合わないと感じたならば、N高・S高に編入すればよいのです。

大学には基本的に何度でも行けますが、高校に行けるのは1度だけなので後悔しない高校選びが必要でしょう。

この記事をみた、あなたの高校選択がより良いものになれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました