【2021年版】iPhone6sは現役機種なの?現役iPhone6sユーザーが解説

iPhone

どうも、”いうと”です!

2019年4月にiPhone6sを買ってもらい、現在3年目に突入しました。

いうと
いうと

本当はiPhoneSE2が欲しいのですが、お金がありません。

だから、「イヤホンジャックがあるiPhone6s最高」とか言って誤魔化しています笑

この記事では、実際にiPhone6sを使っている私が、iPhone6sは現役機種なのかについてご紹介します。

【結論】使えるけど、今からの購入はオススメしません

結論から言うと、iPhone6sはスマホをあまり使わないユーザーなら現役で使えますが、今からの購入はオススメしません。

メイン機種よりもサブ機種としての理由がオススメです。

iPhone6sが現役機種の理由

iPhone6sが現役機種の理由は以下の通り。

・スペックがそこまで悪くない

・2021年5月時点でAppleサポート対象製品

それでは1つ1つご紹介します。

スペックがそこまで悪くない

iPhone6sは2015年に販売された機種なので6年ほど前の機種なのですが、そんなことを感じさせないスペックとなっています。

LINEやTwitterなどの主要SNSがサクサク見られるので、使っていてストレスを感じるということは少ないでしょう。

必要スペックが高いゲームをプレイする際は、少しカクつく場合もあります。

いうと
いうと

私はLINEや音楽を聴くときなどにしか使わないので、スペックが悪いな…と思うことはあまりありません。

2021年5月時点でAppleサポート対象製品

iPhone6sは現在もAppleサポート対象製品となっており、iOSアップデートにも対応しています。

終了時期は明らかになっていませんが、以前の事例を見る限り、もう少しは続きそうです。

いうと
いうと

とりあえずしばらくは続きそうなので、現iPhone6sユーザーが機種変更する必要はなさそうです。

iPhone6sの購入をオススメしない理由

今iPhone6sの購入をオススメしない理由は以下の通り。

・iPhoneSE2のコスパが良さすぎる

・今から何年も使うのはハードルが高い

それでは1つ1つご紹介します。

iPhoneSE2のコスパが良さすぎる

ホームボタンが復活したiPhoneSE2は5万円で他のiPhoneよりも安くて、スペックもかなり良いんですよね。

サイズもほぼ同じですし、スペックはiPhone6sよりももちろん格段にアップしていますから。

そのため、あえて5年前のiPhone6sを購入する必要はないでしょう。

いうと
いうと

私も機種変更するとしたら、iPhoneSE2に変更したいですね〜

今から何年も使うのはハードルが高い

別に今からiPhone6sを購入しても、現役で使えます。

しかし元々iPhone6sのバッテリー持ちは半日くらいしか持たないので、これから2年、3年使うことを想定すると厳しいかと思います。

他にも、Appleサポートがいつまで使えるのかも分からないので、メイン機種であれば今からの購入はオススメしません。

いうと
いうと

代替機やサブ機として使うなら全然アリだと思います!

まとめ丨新品購入は控えたほうが無難だけど現役機種

以上、iPhone6sは現役機種なのかご紹介しました。

新品購入は控えたほうが無難だけれど、現役機種なのが、このiPhone6sです。

iPhone6sを使っている方は、是非使えなくなるまで使ってみてはいかがでしょうか。

便利なイヤホンジャックがある最後の機種ですからね、防水機能はないけれど。

いうと
いうと

バッテリー持ちは悪いけれど、まだまだ使える機種なので、これからも愛用しようと思いました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました